福島ロボットテストフィールド 「空の産業革命」実現に向けたテストサイト間の協力に関する協定を締結

  • ロボット
  • プレスリリース

大分県産業科学技術センター NICTワイヤレスネットワーク総合研究センター 福島ロボットテストフィールド

3者協定締結
各テストサイト紹介

11月27日、大分県産業科学技術センター国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)ワイヤレスネットワーク総合研究センター(本部東京都小金井市)及び福島ロボットテストフィールド(RTF)の三者が、「空の産業革命」実現に向けたテストサイト間の協力に関する協定を締結しました。

三者の試験研究機関(テストサイト)として保有する知見やノウハウをもとに連携し、無人航空機や空飛ぶクルマなど(以下「ドローン等」という。)の安全な運用に必要な規格・試験方法等について取り組み、ドローン等の社会実装に寄与することを目的とするものです。

関連リンク:「空の産業革命」実現に向けたテストサイト間の協力に関する協定を締結しました。

当該協定については「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2020」内で紹介されました。

1 日時  令和2年11月27日(金)15:20~16:20

2 会場  ビッグパレットふくしま 多目的ホール メインステージ

      (「ロボット・航空宇宙フェスタふくしま2020」内)

3 内容

(1)3者協定締結の紹介(写真撮影)

〔出席者〕(敬称略)

大分県産業科学技術センター長               小谷 公人

NICTワイヤレスネットワーク総合研究センター長     寳迫 巌

福島ロボットテストフィールド所長             鈴木 真二

(2)基調講演「ドローン社会実装に向けたテストサイトの役割」

(東京大学名誉教授・RTF所長 鈴木 真二)

(3)テストサイト紹介

①NICTワイヤレスネットワーク総合研究センター長     寳迫 巌

②大分県産業科学技術センター長               小谷 公人

③福島ロボットテストフィールド副所長            細田 慶信