【移住支援センター】ふくしま12市町村移住支援交通費等補助金について

  • 交流人口の拡大
  • おしらせ
【新型コロナウイルス感染拡大防止のため、緊急事態宣言の対象地域との不要・不急の往来は控えていただきますようお願いします。】

 福島県内の12市町村(※)に移住を考えている方が、実際に12市町村を訪れ、移住する際に必要な現地調査・現地活動を行った場合に、その交通費や宿泊費を補助する『ふくしま12市町村移住支援交通費等補助金』ができました。

働きたくなる、暮らしたくなる、チャレンジできる「ふくしま12市町村」を訪問して、より移住のイメージを明確にできるよう現地見学をしてみませんか?

※1:12市町村とは、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う避難指示等の対象となった市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)を指します。

 

対象者

20歳以上、福島県外在住で、近い将来に12市町村内への移住を希望または検討している方
(注1)補助金の交付を受けることができる回数は、1人当たり、1年度につき5回(宿泊費補助は5泊)までです。同行者として来県した場合も同様です。
(注2)補助金の交付を受けたい場合は、事前(出発日の5日前まで)に、ふくしま12市町村移住支援センター(以下、「センター」という。)の職員との面談が必要です。

詳細は申請手順をご確認ください。

対象となる現地活動

(1) 現地活動の例
 ・福島県内での生活環境、事業実施可能性などの相談や調査
 ・就職のための企業訪問
 ・空き家などの住まい探し

(2) 訪問していただく場所 ※1回の申請でどちらも訪問する必要があります。
◎移住を検討している市町村等
(センターの担当者、市町村が設置する移住相談窓口等の担当者、福島県移住コーディネーター、ふくしま暮らしサポーターなど)
◎民間事業者等
(就職や就農等の面接先、不動産事業者、現地活動先の地域住民や先輩移住者など)

補助額

定額(現住所や交通手段等により異なります。詳しくは■基準額表 [PDFファイル]をご覧ください)

※実際にかかった交通費と基準額を比較して、低いほうの額(千円未満切捨て)が補助金額となります。
※レンタカー、タクシーに要する経費は対象外(自家用車は、高速道路利用料のみ対象となります)。
※公共交通機関を利用した場合は、20歳以上の同一生計家族の人数分を交付します。

【交通費補助:例1】 住所/東京都、交通手段/鉄道
 (1) 実際にかかった往復交通費(鉄道運賃) 17,900円
 (2) 基準額 8,000円  ■補助金額→8,000円

【交通費補助:例2】 住所/神奈川県、交通手段/自家用車
  (1) 実際にかかった往復交通費(高速料金) 16,500円 
  (2) 基準額 10,000円  ■補助金額→10,000円

【交通費補助:例3】 住所/埼玉県、交通手段/高速バス
  (1) 実際にかかった往復交通費(バス運賃) 4,400円 
  (2) 基準額 8,000円  ■補助金額→4,000円

【交通費補助:例4】 住所/大阪府、交通手段/飛行機(伊丹・福島便)
  (1) 実際にかかった往復交通費(飛行機運賃)  42,400円
  (2) 基準額 26,000円  ■補助金額→26,000円

【宿泊費補助:例1】1泊15,000円の宿泊施設に夫婦とその子供(20歳未満)で1泊
  (1) 実際にかかった宿泊費   15,000円
  (2) 基準額 2,500円×2人=5,000  ■補助金額→5,000円

【宿泊費補助:例2】1泊15,000円の宿泊施設に夫婦で2泊
  (1) 実際にかかった宿泊費   30,000円
  (2) 基準額 2,500円×2人×2泊=10,000  ■補助金額→10,000円

申請手順

申請手順はこちらをご覧ください [PDFファイル] ※Q&Aはこちら [PDFファイル]

1 出発日の15日前までに、予定を記入した「現地活動計画兼報告書 [Excelファイル]」及び(第5号様式)個人情報の取扱い同意書 [Wordファイル]を作成し、センター職員へメールで提出。
※メールアドレス ijyu-shien@fipo.or.jp

2 出発日の5日前までにセンター職員とオンライン面談。
 ※面談日時は改めて連絡します。オンライン面談が困難な場合は、電話等での面談とな
 ります。面談では計画内容が補助金の交付要件に合致することを確認します。

3 12市町村内で現地活動を実施。

4 帰着日の10日後までに、前記1で作成した「現地活動計画兼報告書 [Excelファイル]」に実績を記入し、センター職員へメールで提出。
 ※補助金の交付要件に則って現地訪問が行われたかを確認し、申請者へご連絡します。

5 帰着日の30日後(または2月15日のいずれか早い日)までに、「交付申請書 [Wordファイル]」(及び領収書などの必要書類)を提出。

【提出先】
 〒979-1111
 福島県双葉郡富岡町小浜553番地2(福島県富岡合同庁舎2階)
 ふくしま12市町村移住支援センター (市町村支援課あて)
 メール ijyu-shien@fipo.or.jp

※領収書・本人確認書類等について、書類が見切れないようにコピーや写真撮影をお願いします。書類に不備がある場合、再提出をお願いする場合がございます。
※運転免許証は必ず両面をコピーしてください。

6 センターから補助金を交付。

申請様式 

(訪問前及び訪問後)現地活動計画兼報告書 [Excelファイル]
※公共交通機関、自家用車、公共交通機関と自家用車の併用で様式が異なりますのでご注 意ください。
(第5号様式)個人情報の取扱い同意書 [Wordファイル]

(帰着後)補助金交付申請書 [Wordファイル]

記載例/補助金交付要綱

提出(送付)先・お問い合わせ先 

〒979-1111
福島県双葉郡富岡町小浜553番地2(福島県富岡合同庁舎2階)
ふくしま12市町村移住支援センター (市町村支援課あて)
メール ijyu-shien@fipo.or.jp
TEL 0800-800-3305(移住相談専用電話)

Q&Aはこちらをご覧ください [PDFファイル]