予告

「研究室」第7次入居者募集

募集期間 : (令和4年) 1031014日( 予定

募集数:3室 を予定

ご関心のある方は、上記期間内に再度当ページをご確認ください

※事前に必ず、入居Q&A を確認してください

※応募フォームは概ね前回同様です(以下参照)

-----------------------------------------------------------------

↓前回参考↓

福島ロボットテストフィールドの本館となる研究棟には、研究者や開発者の方々の活動拠点としてご利用いただける「研究室」を準備しており、
現在19の企業・団体が入居しています。この度「研究室」への第6次入居者募集を実施することになりましたのでお知らせします。

(受付終了)募集期間:令和4年3月1日(火)~ 5月6日(金)(必着)

※4/29(金)~5/5(木)は、GW期間中につきお問い合わせ(ご応募)への回答までにお時間を要す場合もございます。予めご了承ください。

内観(203号室)

駐車場(2台まで利用可)

入居者共用ラウンジ

※ 現入居者の紹介ページはこちら

募集概要

募集対象者

入居を希望している法人等

募集数・入居可能日

募集数  1室

入居可能日 令和4年7月1日 ※10月1日までに入居

入居期間

使用開始日から1年以内(審査により更新可能)

研究室概要

部屋数 1室

使用料
          94,600円(月額)※203号室:50㎡

          ※毎月1日請求、当月10日支払期限(会計上困難な場合は別途調整)・日割り計算不可

その他 研究室内の光熱水費、通信費は別途実費負担

入居の条件

①入居目的が福島ロボットテストフィールドの設置目的に合致しており、施設の有効な利用が図られること。

②使用料の支払い及び入居後の事業活動に支障がないと認められる程度の経営基盤・財政基盤を有すること。

③施設の管理運営上問題がないこと。

④令和4年10月1日までに入居すること。

入居者の選定

選定方法

審査会による書類及び面接審査

選定基準

  1. 入居目的が福島ロボットテストフィールドの設置目的に合致しているか
  2. 事業計画の実現性は十分か
  3. 地域経済等への寄与の程度
  4. 使用料の支払い及び入居後の事業活動に支障がないと認められる程度の経営基盤・財政基盤を有しているか
  5. 設備の管理運営上問題はないか

スケジュール(予定)

応募期間:3月1日(火)~ 5月6日(金)

審査会(オンライン面接):6月7日(火) 【予定】

審査結果通知:一両日

入居(使用開始):7月~

応募方法

入居申請書に必要事項をご記入の上、提出書類を添えてメール、郵便又はご持参ください。

01_研究室募集概要(PDF)

02_研究室募集要綱(PDF)

03_別紙様式1入居申込書(Word様式)

04_別紙様式2事業計画書(Word様式)

05_別紙様式3暴力団等でないことの表明・同意書(Word様式)

 

◆お問い合わせ・申込先(福島県指定管理者)◆

福島ロボットテストフィールド(RTF)

連携課 担当まで

E-mail:robot2@fipo.or.jp(←お問合せの際はまずメールにてお願い致します

※4/29(金)~5/5(木)は、GW期間中につきお問い合わせ(ご応募)への回答までにお時間を要す場合もございます。予めご了承ください。

〒975-0036 福島県南相馬市原町区萱浜字新赤沼83番