拠点概要

福島イノベーション・コースト構想に基づき整備された「福島ロボットテストフィールド(RTF)」は陸・海・空のフィールドロボットの一大開発実証拠点です。インフラや災害現場など実際の使用環境を再現しており、ロボットの性能評価や操縦訓練等ができる世界に類を見ない施設です。

本拠点は、南相馬市復興工業団地内の東西約1,000m、南北約500mの敷地内に「無人航空機エリア」、「インフラ点検・災害対応エリア」、「水中・水上ロボットエリア」、「開発基盤エリア」を設けるとともに、浪江町・棚塩産業団地内に長距離飛行試験のための滑走路を整備しております。2021年度に試験用プラントと試験用トンネルにおいて、ワールド・ロボット・サミット2020のインフラ・災害対応カテゴリー競技が開催されました。

福島ロボットテストフィールド俯瞰図 

福島イノベーション・コースト構想

福島イノベーション・コースト構想とは、東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクトです。廃炉、ロボット、農林水産、エネルギー、環境・リサイクルの各分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組んでいます。

連携協定

福島ロボットテストフィールドは、福島イノベーション・コースト構想の推進を図ることを目的として以下の連携協定を結んでいます。

〇福島ロボットテストフィールドを活用したドローンの社会実装に関する東京大学大学院工学系研究科スカイフロンティア社会連携講座と公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構ロボット部門との協力協定
・協定締結先:東京大学大学院 工学系研究科スカイフロンティア社会連携講座
・協定締結日:2019/3/26
⇒協定文はこちら

〇福島ロボットテストフィールドを活用したタフ・サイバーフィジカルAIの研究及び福島イノベーション・コースト構想の推進に関する連携協定
・協定締結先:東北大学 タフ・サイバーフィジカルAI研究センター
・協定締結日:2019/7/30
⇒協定文はこちら

〇福島ロボットテストフィールドを活用した社会インフラの長寿命化に関する研究開発及び人材育成並びに福島イノベーション・コースト構想の推進に関する協定書
・協定締結先:日本大学 工学部
・協定締結日:2019/9/30
⇒協定文はこちら

〇MEMORANDUM OF UNDERSTANDING TO EXPLORE OPPORTUNITIES FOR COOPERATION IN MATTERS RELATED TO TESTING OF UAS
・協定締結先:セントポール島アレウト族コミュニティー
・協定締結日:2019/12/10
⇒協定文はこちら

〇福島ロボットテストフィールドを活用した社会基盤メンテナンスに関する研究開発及び人材育成並びに福島イノベーション・コースト構想の推進に関する連携協定
・協定締結先:福島工業高等専門学校
・協定締結日:2020/8/19
⇒協定文はこちら

〇「空の産業革命」実現に向けたテストサイト間の協力に関する協定書
・協定締結先:国立研究開発法人 情報通信研究機構ワイヤレスネットワーク総合研究センター、大分県産業科学技術センター
・協定締結日:2020/11/27
⇒協定文はこちら

〇福島ロボットテストフィールドを活用した福島イノベーション・コースト構想の推進に関する協定書
・協定締結先:株式会社人機一体
・協定締結日:2021/7/1
⇒協定文はこちら

〇MEMORANDUM OF UNDERSTANDING BETWEEN FUKUSHIMA ROBOT TEST FIELD, FUKUSHIMA INNOVATION COAST PROMOTION ORGANIZATION OF JAPAN AND DRONE FEDERATION OF INDIA TO EXPLORE OPPORTUNITIES FOR COOPERATION IN THE FIELD OF UAS
・協定締結先:インド・ドローン連盟
・協定締結日:2022/3/7
⇒協定文はこちら

 

その他、福島ロボットテストフィールドに関する協定として、福島県が以下の協定を締結しています。

〇福島ロボットテストフィールドを活用したロボット・ドローンの実証等に関する協定
・協定締結者:福島県、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
・協定締結日:2017/11/22
⇒詳細はこちら

〇無人航空機の目視外飛行に向けた協力協定
・協定締結者:福島県、一般社団法人日本産業用無人航空機工業会(JUAV)、一般社団法人日本UAS産業振興協議会(JUIDA)、一般財団法人総合研究奨励会 日本無人機運航管理コンソーシアム(JUTM)
・協定締結日:2018/3/22
⇒詳細はこちら

〇空飛ぶクルマと空の移動革命の実現に関する福島県と三重県との協力協定
・協定締結者:福島県、三重県
・協定締結日:2019/8/2
⇒詳細はこちら

〇災害対応におけるドローン等の活用促進に関する協定
・協定締結者:福島県、総務省消防庁、公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構
・協定締結日:2020/11/20
⇒詳細はこちら

運営理念

基本理念

ロボットの社会実装により、安全で豊かな社会の実現に貢献する。

行動指針

福島復興をけん引するエンジンとして、我が国を代表するロボット社会実装のためのナショナルセンターを目指し、以下の指針に従い行動する。

  • 世界トップレベルのロボット実験環境、実験技術を提供し続ける。
  • 国内外のロボット研究開発、運用者の交流を促進する。
  • ロボットの安全性確保、社会実装のための仕組み作りに貢献する。
  • ロボットに係る次世代の人材育成に貢献する。
令和元年11月13日
公益財団法人 福島イノベーションコースト構想推進機構
福島ロボットテストフィールド所長