「無人航空機性能評価手順の試行_(風洞試験装置を使用したペイロードー飛行時間性能試験」成果報告について

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構(以下、「イノベ機構」という。)は令和2年度の令和2年12月8日~令和3年3月8日にかけて、「福島ロボットテストフィールドおよび広域飛行空域における無人航空機性能評価手順の施行」事業を実施しました。この事業は一般社団法人日本産業用無人航空機工業会(会長:阪口晃敏)に委託し、福島ロボットテストフィールド(以下、「RTF」という。)を活用した無人航空機の開発・試験基盤の構築を目的としています。具体的には、RTFの風洞試験装置で定常風を発生させ、その風路内でドローンを釣合飛行させて消費電力を計測し、航続時間を推定する試験をしました。
この事業の成果報告書は下記よりご参照ください。

成果報告書:令和2年度「無人航空機性能評価手順の試行_(風洞試験装置を使用したペイロードー飛行時間性能試験」に関する報告書(PDF/2,596KB)

イノベ機構は今後、この事業成果に基づき、無人航空機の試験・開発の拠点としてのRTFの機能強化を進めて参ります。
現在、昨年12月にRTFに導入されたドローンアナライザーと風洞試験装置の組み合わせにより、風環境下での無人航空機の飛行を模した無人航空機の性能評価手法も検討中です。

お問い合わせ先

福島ロボットテストフィールド技術企画課
Tel:0244-25-2478 E-mail:robot4@fipo.or.jp