農業参入支援

当機構は、福島イノベーション・コースト構想対象地域15市町村において、新たな農業を目指し、高付加価値・高収益農業の実現や6次化まで含めた広域食糧供給基地の構築を図るため、市町村や関係機関、地域農業者と連携し企業等の農業参入を支援しています。


(1)農業参入にあたっての福島イノベ機構の支援策(15市町村対象)

・参入相談会、企業参入セミナー、現地見学ツアー、オンライン相談会など

・個別相談対応、県や市町村等関係機関への仲介

・現地案内等の実施

・現地での試作等支援事業

【最近の実績】

2020年度 2021年度
参入ヒアリングの実施 14社 24社
現地案内の実施 8社/13回 10社/12回
現地見学ツアー

コロナ禍で中止

4社7名

(2)最近の企業参入例

(株)群馬電気 2020年参入 本社:群馬県 浪江町でネギの生産を開始
(株)CTIフロンティア 2021年参入 本社:埼玉県 相馬市でトウモロコシの試験栽培を実施 (当機構の農業参入支援事業を活用)
現地見学ツアーの実施 2021年12月 浪江町 特定非営利活動法人Jin

お申込み・お問い合わせ、オンライン相談の連絡先

公益財団法人福島イノベーション・コースト構想推進機構

 産業集積部企業立地・農業参入支援課

TEL. 024-581-6880

MAIL. nougyo_sannyu@fipo.or.jp

企業等の農業支援

企業への参入意向調査や現地案内を実施

2021年度 実績

参入意向企業のフォローアップ24社 現地案内10社(延べ12社)  参入企業2社

2020年度 実績

参入意向企業のフォローアップ13社 現地案内8社(延べ15社)  参入企業3社

2019年度 実績

参入意向調査40社、現地案内6社

2018年度 実績