東日本大震災・原子力災害伝承館 外観

展示<プロローグ>

展示<復興への挑戦>

語り部講話

フィールドワーク

あの日の経験を、みらいの教訓 9月19日(木)OPEN

[ 展示入館料 ]
大人:600円 小人:300円(団体割引有 20名以上)

詳細は利用案内をご覧ください

伝承館周辺の空間放射線量

11月30日8時  0.058 μSv/h

他地域の空間放射線量はこちら

東日本大震災と
東京電力福島第一原子力発電所事故の発生から
まもなく10年

これまで国内で経験したことのない甚大かつ複合的な災害の記録と記憶を、防災・減災の教訓として、
みらいへつないでゆく施設が開館しました。
震災の経験を風化させることのないよう次世代へしっかりと継承し、「新しいふくしま」をともに築いていきましょう。

  • 学ぶ


    展示物と映像から当時の大規模災害の状況とその後の復興過程を学ぶことができます。

  • 体感する


    津波や原子力災害で被災した施設や復興の状況を実際に間近で見ることで、被災地を体感します。

  • 語り継ぐ


    語り部の生の声を聞き、記録・経験・教訓を次の世代へと引き継ぎます。

Accessアクセス

〒979-1401
福島県双葉郡双葉町大字中野高田39
TEL 0240-23-4402/FAX 0240-23-4403

開館時間/
9:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日/
火曜日(火曜祝日の場合は翌平日)・年末年始(12/29〜1/3)

常磐双葉IC・双葉駅からのアクセス図

電車

東京駅から最寄の双葉駅まで
特急ひたち利用で約190分

仙台駅から最寄の双葉駅まで
特急ひたち利用で約80分

※双葉駅からバス利用で約5分

自動車

いわき市内から
高速道路を利用して約1時間

仙台市内から
高速道路を利用して約2時間

郡山市内から
一般道を利用して約2時間

福島市内から
有料道路・高速道路を利用して
約1時間半

飛行機

福島空港から車で
阿武隈高原道路を利用して
約140分

仙台空港から
仙台空港アクセス線と
常磐線を乗り継ぎ
最短約140分
(乗り継ぎ時間を含む)

  • ※双葉駅前にはカーシェアリング(事前登録、予約要)のステーション(2台)がございます。

FACEBOOKフェイスブック

INSTAGRAMインスタグラム

[instagram-feed]