RESEARCH AND STUDY調査・研究

  1. HOME
  2. 調査・研究 | 東日本大震災・原子力災害伝承館

調査・研究RESEARCH AND STUDY

伝承館では、主要4事業(※)の1つとして、「調査・研究事業」を行っております。
蓄積した研究成果については、伝承館の「研修」や「展示・プレゼンテーション」に反映させることを通じ、多くの方へ、福島における原子力災害の教訓や現状を発信するとともに、収集した資料の体系化を図ることにより、福島の経験を後世に継承する「知の交流拠点」としての役割を果たしていきます。

※主要4事業…資料の収集・保存、展示・プレゼンテーション、研修及び調査・研究の4事業


調査・研究目的及びミッション

調査・研究事業の目的は復興を担う人材の育成を行い、被災地の復興を加速させるとともに、今後発生することが否定できない国内外の災害に対する防災・減災に寄与することです。
この目的を達成するため、3つのミッションを設定し、研究事業を推進していきます。


【目的を達成するためのミッション】

1
教訓の体系化
伝承館では、複合災害、特に原子力災害とそこからの復興過程に関する実態に係る資料を収集し、調査・研究を俯瞰的に行い体系化し、そこから得られる教訓の抽出を通じ、復興及び減災に寄与します。
2
教訓の発信
伝承館に蓄積・体系化された教訓を広く世界に還元するため、積極的な情報発信や調査・研究成果をもとにした専門的研修プログラムの構築や展示・プレゼンテーション事業への反映等広く発信します。
3
研究者の育成
大規模災害、広域災害・複合災害、特に原子力災害研究と復興研究の先駆者として、新たな知の体系化と、その学術的価値の確立を先導していく研究者、防災、減災、復興を担う人材を育成するとともに、広く福島に関心を抱く方々が集い学ぶことのできる知の拠点としての役割を果たします。

研究体制

伝承館における調査・研究事業は、これまで様々な分野で福島に係る研究を行ってきた館長及び上級研究員に常任研究員を加えた「文理融合」の研究体制により進めていきます。

館長

館長 高村 昇

Noboru , Takamura


現職
長崎大学原爆後障害医療研究所
国際保健医療福祉学研究分野 教授
調査・研究内容

  • ・福島の復興に資する社会学研究
  • ・福島の住民における放射線健康リスク認知
  • ・環境放射能評価

上級研究員

上級研究員 安田 仲宏

Nakahiro , Yasuda


現職
福井⼤学付属国際原⼦⼒⼯学研究所
原⼦⼒災害・危機管理部⾨ 部⾨⻑
調査・研究内容

  • ・原発事故後の避難の検証
  • ・原⼦⼒防災における実効性検討
  • ・将来の原⼦⼒災害への備え

上級研究員

上級研究員 関⾕ 直也

Naoya , Sekiya


現職
東京⼤学⼤学院情報学環総合防災情報研究センター 准教授
福島⼤学⾷農学類 客員准教授
調査・研究内容

  • ・東京電⼒福島第⼀原⼦⼒発電所事故後の広域避難と⾏政対応
  • ・東京電⼒福島第⼀原⼦⼒発電所事故後の社会影響
  • ・原⼦⼒災害からの復興−経年⽐較と国際⽐較

上級研究員

上級研究員 開沼 博

Hiroshi , Kainuma


現職
東京⼤学⼤学院情報学環准教授
調査・研究内容

  • ・福島第⼀原発事故後の避難を実施した⾃治体の実態調査
  • ・福島第⼀原発事故後の様々な合意形成の実態調査
  • ・福島第⼀原発事故後の情報発信

常任研究員 青砥 和希

Kazuki , Aoto


調査・研究内容

  • ・地域アイデンティティ
  • ・教育復興
  • ・サードプレイス
  • ・人文地理学
  • ・教育社会学

常任研究員 葛西 優香

Yuka , Kasai


調査・研究内容

  • ・文化・宗教・社会意識
  • ・社会集団・社会組織
  • ・社会的相互作用
  • ・災害フィールド学

常任研究員 静間 健人

Taketo , Sizuma (researchmap)


調査・研究内容

  • ・広域避難
  • ・災害時要配慮者
  • ・災害伝承施設
  • ・社会心理学

常任研究員 山田 修司

Shuji , Yamada (researchmap)


調査・研究内容

  • ・哲学・倫理学
  • ・科学社会学・科学技術史
  • ・リスク
  • ・防災
  • ・移動

活動報告ACTIVITY REPORT

●令和3年度伝承館調査・研究部門活動報告会

  • 日時:令和4年3月12日(土) 13:00~16:00
  • 会場:伝承館1階研修室

参考資料REFERENCE DATA

令和2年度伝承館調査・研究部⾨パンフレット

パンフレット

令和3年度 常任研究員募集パンフレット

パンフレット

※募集終了しました。
調査・研究事業の概要も含まれますので掲載いたします。