Hama Info Share

広野町

広野町は、誇りと伝統を堅持し、
新しい価値観にもとづく新しい
まちづくりに向けて取り組み続ける
“東北に春を告げるまち”です。

福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35
[Tel] 0240-27-2111

浜通り地域等の次世代を担う方々へ

福島県の東部に位置し、太平洋と阿武隈山脈に接する「広野町(ひろのまち)」。海洋性の気候から、地植えでみかんの栽培もできる温暖な地域であり、五社山の麓に広がる浅見川渓谷や折木鉱泉などの美しい自然環境、広大な芝生エリアや大型遊具のある二ツ沼総合公園、Jリーグの試合などが開催されるJヴィレッジスタジアムなどのスポーツ施設があります。
東日本大震災から10年が経ち、多くの方が町内で暮らす広野町では、中高一貫校である「福島県立ふたば未来学園」の開校、地域災の拠点や日用品を取りそろえる公設商業施設、住宅団地や工業団地の整備も進み、移住検討段階から使える交通費補助や、移住後に受け取れる移住支援金等、移住に関する豊富な支援制度も新たに始まりました。

 

広野町が力を入れる産業分野

エネルギー・環境
/ロボット・ドローン

  • 日本の電力の安定供給を支える“広野IGCCパワー合同会社”では、石炭をガス化し、ガスタービンと蒸気タービンで構成される複合発電設備によって、一般的な石炭火力発電よりも発電効率が高く、燃料使用量や二酸化炭素排出量を抑えることができる石炭ガス化複合発電(IGCC)に取り組んでいます。また、広野町二ツ沼総合公園内のトロピカルフルーツミュージアムでは、国産バナナの栽培に地中熱を活用する取り組みを行っており、環境に優しい資源を使ってハウスの暖房費の削減を図りつつ、収穫量の増加へつなげる試みにチャレンジしています。
    新技術で地域の発展の先導を担っている“株式会社大和田測量設計”では、ドローンによる災害時即時情報収集システムやスマートフォンによる災害時現地調査システム等、県認定システムをはじめ、放射線歩行モニタリング等の開発により、原子力災害からの復興に寄与しています。また、教育・人材育成分野では、広野小学校、広野中学校において外部講師による授業の実施やイノベーション・コースト構想の取組に触れる機会を創出するため、プログラミング体験講座や再生可能エネルギー講座などに取り組んでいます。福島県立ふたば未来学園中学校・高等学校においては、文部科学省の「地域との協働によるによる高等学校教育改革推進事業(グローバル型)」の指定を受け、グローバル・リーダーの育成、ふるさと創造学や未来創造探究、トップアスリートの育成にも取り組んでいます。

広野町の起業・チャレンジサポート

① 広野駅東側地区の整備

    JR常磐線広野駅の東側地区で、各種事業所や研究拠点等の誘致、住宅団地整備の開発整備事業が進んでいます。

② 福島県12市町村起業支援金(県事業)※令和3年度募集終了
  • 新しい地域を創り出すなどチャレンジを行う意欲のある、県外から広野町に移住して新たに起業する方を対象とし、起業に必要な経費を補助します。

③ ビズスタふくしま
  • 福島県内の「創業」に関する様々な情報を掲載して、情報提供の視点から「創業」をバックアップします。

④ 被災12市町村農業者支援事業(県事業)
  • 広野町において、営農再開などに向けた取り組みを行う場合に必要となる農業機械、施設等の導入に要する経費を補助します。

⑤ 福島県就農ポータルサイト「ふくのう」
  • 雇用就農者や自営農業者等多彩な農業の担い手を確保するため、先輩就農者の記事や就農支援策を掲載しています。

広野町の就職サポート

広野こども園「ひろぱーく」
  • 保育所と幼稚園の機能を有する「ひろぱーく」は、乳幼児から小学校就学前児童までお子さまをお預かりしています。延長保育、慣らし保育等のお子さまにあった環境を提供します。

広野町児童館
  • 保護者の就労等により放課後に保育を必要とする家庭の小学生を対象に、適切な遊びと生活の場を提供します。

多世代交流スペース「ぷらっとあっと」(任意団体ちゃのまプロジェクト事業)
  • 広野駅から徒歩3分の場所にあるイベント・コワーキングスペースです。イベント、教室等も定期的に開催しています。

広野町の移住・定住サポート

補助金、助成金、祝金等に関しては、対象となるための別途詳細条件がございますので、必ず各所管する団体等にご確認ください。

広野暮らし相談窓口「りんくひろの」
  • 地方を求めた移住や二地域居住、都会に移り住んだお子さんや進学したお友達のUターン、抱え込んだ小さな悩みも一つ一つサポートします。

広野町公式アプリ「ひろのアプリ」
  • 町からのお知らせや、日々の生活に必要な情報を誰でも簡単に確認できる暮らしに役立つアプリです。

ひろぼークラブ
  • 町の魅力を町外の方に知ってもらうために設立された広野町ファンクラブです。オリジナル会員証や協賛企業からの会員特典サービスを提供します。

教育環境
  • 広野町では、子育て環境の充実化に積極的に取り組んでいます。「教育の丘」には、幼児教育から高等教育まで教育機関がコンパクトに集っています。
入学祝金
  • お子さまが小・中学校へ入学する際に祝金を支給します。

出産祝金
  • お子さまの出生時に祝金を支給します。

広野町チャイルドシート等購入奨励補助金(町事業)
  • ベビーシート、チャイルドシート、ジュニアシートを購入・設置した経費を補助します。

子どもの医療費助成(県・町事業)
  • 福島県では、子どもの健康を守り、県内で安心して子供を産み育てる環境づくりを進めるため、18歳以下の医療費を無料化しています。

公設商業施設「ひろのてらす」
  • 広野駅から徒歩7分、国道6号線沿いに立地する「ひろのてらす」では、スーパーマーケットやフードコート、クリーニング店等の生活を支えるテナントが営業しています。
ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ
  • 広野町と隣接する楢葉町にまたがって立地するJヴィレッジでは、土・日・祝に予約不要のプレイフィールドはじけるあそびばアソヴィレッジを開催しています。

広野町移住支援金(県・町事業)
  • ※福島県12市町村移住支援金との併用はできません。
    東京23区に在住または東京圏に在住し東京23区に通勤されている方が、広野町内へ移住し、且つ対象企業に就業された世帯へ支援金を支給します。

福島県12市町村移住支援金(県事業)
  • ※広野町移住支援金との併用はできません。
    東京23区に在住または東京圏に在住し東京23区に通勤されている方が、広野町内へ移住し、且つ対象企業に就業された世帯へ支援金を支給します。

ふくしま12市町村移住支援交通費等補助金(県事業)
  • ※ふくしま移住希望者支援交通費補助金との併用はできません。
    実際に広野町を訪れ、移住する際に必要な現地調査・現地活動を行った場合に、その交通費及び現地での宿泊費を補助します。

ふくしま移住希望者支援交通費補助金(県事業)
  • ※ふくしま12市町村移住支援交通費等補助金との併用はできません。
    近い将来広野町への移住を検討・希望している県外在住で20歳以上の方を対象に、交通費を補助します。

広野町住宅等用新エネルギーシステム設置費補助金(町事業)
  • 環境負荷の少ない循環型社会を構築するため、太陽光発電システム・蓄電池システム等を設置して居住する際の費用を補助します。

広野町木造住宅耐震改修支援事業補助金(町事業)
  • 木造住宅への耐震化対策を促進し、居住の安全と安心を確保するため、耐震改修に要する経費を補助します。
  • 広野町建設課[Tel]0240-27-4161
広野町個人住宅改良支援事業補助金(町事業)
  • 町内施工業者により住宅の改良をする方に対し、住宅の改良に要する経費を補助します。
  • 広野町建設課[Tel]0240-27-4161
広野町合併処理浄化槽設置整備事業補助金(町事業)
  • 生活排水による公共用水域の水質汚濁を防止するため、合併処理浄化槽を設置した経費を補助します。
  • 広野町建設課[Tel]0240-27-4161
広野町生ごみ処理容器等設置事業補助金(町事業)
  • 家庭内生ごみの減量化を図り、減量思想の普及を促進するため、生ごみ処理容器等を設置した経費を補助します。
  • 広野町環境防災課[Tel]0240-27-2114
広野町住宅用防犯カメラ設置補助金(町事業)
  • 防犯意識の向上、犯罪抑止、生活不安の解消を図るため、建物の屋外に防犯カメラを設置した経費を補助します。
  • 広野町環境防災課[Tel]0240-27-2114

お問い合わせ窓口

福島県双葉郡広野町大字下北迫字苗代替35番地
[Tel] 0240-27-1251