Hama Info Share

川俣町

川俣町は、様々な文化が流入してきました。
様々な文化を受け入れる住民気質から
様々な独自文化があります。

福島県伊達郡川俣町字五百田30番地
[Tel] 024-566-2111

浜通り地域等の次世代を担う方々へ

1.絹織物とともに発展してきた川俣町は、交通の要衝となり、様々な文化が流入してきました。歴史的に珍しい有形・無形の文化財が今も豊富に残っています。
2.また、近年、発掘調査が進められている前田遺跡では、国内最古の朱色の漆器など国宝級の出土品が発掘されており、注目を浴びています。
3.様々な文化を受け入れる住民気質から、中南米音楽フォルクローレの祭典「コスキン・エン・ハポン」が約半世紀にわたり開催されています(ここ2年は台風災害、コロナ禍により中止)。
4、川俣町には様々な独自文化があります。

川俣町が力を入れる産業分野

農業/製造業

  • ① 川俣シャモは、阿武隈山地の豊かな自然に恵まれた地で、定められたマニュアルによって町内で徹底した一元管理を行っています。豊かな深みのあるコクと適度な弾力の肉質で、噛めば噛むほど鶏本来の旨味が口の中に広がります。川俣町の特産品であり、福島県ブランド認証地鶏です。また、国内初の肉用鶏でJGAPを取得しました。
    川俣アンスリウムは、「”オール近大”川俣町復興支援プロジェクト」の一環として、放射能の風評被害を受けないようにするため、従来の土壌の代わりにリサイクル古着などのポリエステル繊維と人工ゼオライト等を混合して栽培をしています。見た目は、ハート形をしており、約40種類があるかわいらしい花です。現在は、ミス・グランド・ジャパンで会場の装飾花やビクトリーブーケとして採用されています。
  • ② 川俣町は絹織物のまちとして栄え、今も世界一軽いシルク生地「フェアリーフェザー」が生産され、世界的なブランドメーカーに採用されています。古くからものづくりに対して真摯に向き合ってきた住民気質があり、自動車・オートバイ部品、ワイヤーハーネス、バッテリーパックの製造のほか、治工具、金型の加工などが行われています。

川俣町の起業・新たなチャレンジサポート

川俣町で起業等の新たなチャレンジを検討されている方に対するサポート制度や取り組みを紹介します。

① 川俣町空き店舗活用事業補助金

中心市街地の賑わい創出と空き店舗の活用促進を目的に、中心市街地区域内にある空き店舗を商店や集客等の施設として活用しようとする団体・事業者へ、店舗等の改修や設備に要する費用、空き店舗の店舗・敷地・駐車場等の賃借料の補助金を交付します。

② 創業支援事業

創業に関する関係機関(商工会、各金融機関)の連携を密にし、創業関連情報を集約することで、創業希望者に対する円滑な創業支援を行っています。具体的には、創業希望者に対するワンストップ相談窓口の設置、創業塾、創業支援セミナーの開催等の事業による支援を行っています。

お問い合わせ窓口

川俣町で起業等の新たなチャレンジを検討されている方に対するサポート制度や取り組みを紹介します。

福島県伊達郡川俣町字五百田30番地
[Tel] 024-566-2111