「学術研究集会」 3月に初開催/研究発表や被災地視察 参加者を募集

東日本大震災と原子力災害の研究者や大学院生らの学術交流と情報交換を目指し、
「第1回学術研究集会」を2023年3月16日(木)、17日(金)に開催します。
初日に被災地視察、2日目に参加者による各研究内容の発表を実施します。
それぞれの参加者を募集しています。
実行委員会の主催、事務局を務める東日本大震災・原子力災害伝承館の共催です。

第1回学術研究集会チラシ 表面

第1回学術研究集会チラシ 裏面

【目的・対象】

幅広い分野における学術交流と情報交換の場とします。
震災対応や震災研究に携わる研究者並びに大学院生などは、どなたでも参加・聴講できます。
震災と原子力災害に関わる分野であれば、
社会学、心理学、医学・看護学、政治学、経済学、行政学、理学、工学、地域研究、メディア研究、リスク研究、まちづくり、STS研究、都市計画など、参加者の研究分野は問いません。

【概要】
(1)名称、主催者等
名称:東日本大震災・原子力災害 第1回学術研究集会
主催:東日本大震災・原子力災害学術研究集会実行委員会
共催・事務局:東日本大震災・原子力災害伝承館

(2)日程等

1日目:エクスカーション(被災地視察) 2日目:研究発表
日時 3月16日(木)
午前9時~午後7時ごろ
3月17日(金)
午前9時~午後4時30分
場所 東日本大震災・原子力災害伝承館、震災遺構浪江町立請戸小学校、中間貯蔵施設 コラッセふくしま(〒960-8053
福島県福島市三河南町1-20)
申込締切 2月3日(金) 発表登録:2月3日(金)
参加登録:3月14日(火)

※いずれか一方、または両方参加が可能。

(3)費用
・両日とも参加費無料。大学院生など、対象者には条件付きで居住地別に旅費を補助します。事前申し込みが必要で、要件や支給額についてはチラシをご覧ください。
(4)参加者の問い合わせ先
・東日本大震災・原子力災害伝承館(担当者:静間健人・山田修司)
E-mail:office.311enworkshop@gmail.com
・申し込みなどはこちらから
<発表登録>
東日本大震災・原子力災害第1回学術研究集会「研究発表(発表登録)」申込み (google.com)

<参加申込み>
東日本大震災・原子力災害第1回学術研究集会「研究発表(参加登録・発表なし)」申込み (google.com)